INFORMATION

お知らせ・ブログ
13 3月 2013

膀胱炎と性感染症(STD)について

膀胱炎になりやすい方は身体が冷えている傾向があるって、ご存知ですか?

というのも、膀胱に雑菌が入ったとしても、
本来きちんと外に菌を排出できたら炎症を起こさずに済みます。
膀胱炎になりやすいということは、雑菌を排出する力が弱っている証拠。

体温は一度上がると免疫力は30%アップします。つまりは、また逆もしかり。

体が冷えやすく体温が低いと、きちんと免疫システムが働かないため、
菌が排出できず繁殖しやすくなり、膀胱炎になりやすくなってしまうのです。

体温をあげる努力はもちろんですが、他にも性交時にも注意が必要です。

  • 性交時にきちんと手や身体を洗う。
  • 最初から最後までコンドームを使う。(途中で着けても妊娠する可能性もありますし、性感染症予防にもなりません)
  • 終った後には、トイレに行って排尿するのもとっても大事です!

ここ数年、クラミジアになる方も増えているようですが
クラミジアは、女性は放っておくと不妊の原因にもなる病気。

あなたは性感染症(STD)の検査をした事はありますか?
自分だけでなく、相手にもきちんと病院で検査を受けてもらうのもとても大切です。

女性は内診もあるので、抵抗ある方が多いのですが
相手をしっかり選んで“事”にのぞんでいる方であれば、
そんなに何度も検査するものでもないので、自分の身体を守る為にも受けて欲しいです。
(時には温泉でも、移る事もあるので、定期検査はして欲しいものですが)

男性だと血液検査や尿検査でもチェック出来るものも多いので、
「まだ検査したことが無い」という方は、「自分は大丈夫」と思うだけではなく、
ぜひとも病院に行ってきちんとそれを証明しましょう!

大切な身体。出来る事は自分でしっかり守っていきましょう。


 03-6412-8639