INFORMATION

お知らせ・ブログ
24 5月 2013

身体のサインを見逃さない事

身体って、いつも色々なサインをくれます。

眠い。
お腹空いた。
気持ち良い。
心地よい。
痛い。
柔らかい。
硬い。
好き。
嫌い。
暖かい。
冷たい。
疲れた。
怠い。
休みたい。
もっと動きたい。

。。。。。

色々なサインの連続です。
プラスなサインを見逃すと、どんどん感覚は鈍くなっていきます。
マイナスなサインを見逃すと、身体はいつか壊れます。

身体が出しているサインは、たまには見逃しても良いですが、

無視をしつづけると、その後の結果は大抵良い結果にはならない

事の方が多いのではないでしょうか?

痛みがある時は、身体が休んでね。
というサイン。

身体の声は、自分が耳を傾けないと
聞こえない時も多いです。

人と一緒。
いつも話しかけてるのに、無視されたいたら、そのうち話すのを止めますよね?
もしくはどうしても、話を聞いてほしかったら
声をかけても通じないのなら、身体を触ったり叩いたり、色々な方法で
自分の方に向いてくれるようアプローチするかもしれません。

身体も一緒。
いつもは優しく話しかけて、ここが痛いよ。ここが気持ち良いよ。
って伝えてくれます。

でもその声を無視し続け、限界が来た時には
身体は動くのを止めてしまうかもしれません。

一度壊してしまうと、元に戻るまでは何倍もの時間がかかる事も多いです。

身体が出しているサイン。
無視し続けずに、ちょこちょこ聞いてあげて下さいね♡