INFORMATION

お知らせ・ブログ
16 1月 2014

トラウマって実は必要なのかも?

今日はトラウマについて。

トラウマって、少なからず誰しもが抱えているものだと思うのです。

トラウマがある事に、気が付いている人、いない人はいるでしょうが…

小さい頃からの習慣や、考え方の癖行動の癖。それらが何処からくるのか。
何故そう考えるようになったのか。

「昔この方法で、うまくいった」
「こうして辛い事も乗り越えた」
「こうしたら成功していた」

そういった癖や、成功事例、失敗事例が自分の選択の元になっているもの。

少し話しは逸れますが、
私、よく「幸せだな」と思うのです。
だって、長年欲しいと願っていたものが今は側にあるから。

先日、ある方に、「よっぽど昔にトラウマがあるのだろうなって思う」と
言われたのですが、確かに私にもトラウマはあります。

誰しもが少なからず持っているもの。

でも、今私が感じている“幸せの気持ち”は、
トラウマがあったからこそ感じられる喜びなのかもしれない。

トラウマがあるお陰で、今こんなにも色々幸せが感じられるなら、

それらは私にとって、必要だったという事。

トラウマって、同じ事を繰り返さないで済む様にする為の人として(いや生物として?)の防衛反応の1つですよね。

しなくて良い経験は世の中沢山あると思います。
でも、起きてしまった事は変えられません。時間は元には戻せないですから。

そこで、トラウマを“トラウマ”としてのみ捉え、
それをそのまま“辛い体験”として自分の中に置いておくか

トラウマ経験を、”今の自分” に合うように認識し、そこから出来る事を変えていくか

同じものでも、その後の”自分”の行動に変化はあるはず。

だからこそ、何を選択するのか。
どうしたいのか。

その選択に後悔はしないのか。
常に、自分が大切にしたいものは何か。

エゴなのか。愛なのか。純粋な気持ちなのか。損得感情。望み。
権力。希望。願望。人のため?自分のため?

何を意識し、選択するのかって、すごく大切なのではないかしら
と思います。

もちろん、人間なので間違える事も沢山あるはず。
「あ、間違えたな」って気がついたら、そこからまた軌道修正していけば良いのではないでしょうか。

完璧な人なんて、殆ど居ないと思います。

間違いながらでも、これは自分で選んだ選択だから。
って認識して行動するのと、人のせいにしながらの行動と、
同じ行動でも、全然意味が違うものになると思うのですね。

色々な選択をしていくなかで、
後悔しない選択をしていきたいものですね。


 03-6412-8639