INFORMATION

お知らせ・ブログ
30 5月 2014

歩くという事。正しいウォーキング方法。

ウォーキング。歩く。
ですが、歩き方で身体が随分変わるってご存知ですか?

ただ歩く。意識して歩く。

意識して歩くのであれば、では何処を意識するのか。

日本人の方ですと、背中が丸まりながら歩いている方。
もしくはお腹がやたら前に出てしまって、前腿メインで歩いている方。

この2パターンの方が非常に多く感じます。

日本人以外の方ですと、お尻と後ろ脚をメインに歩いている方が多いのです。

この違い。日頃のエネルギー消費カロリーと、お尻の形に違いが出てくるので、前腿メインで歩いている方非常に勿体無く思ってしまいます。

前腿をメインであるくと、どうしても腹筋が緩みがちになるのですね。
また背骨の引き上げもしにくくなるので、股関節の隙間も狭くなり、可動域も小さくなってしまいます。

しかも。前脚ばかり沢山使ってしまうと、
脚が実際よりも太くみえてしまうというデメリットもあるのですね。

歩く時は、下っ腹を引き締めて。
骨盤から誰かに運ばれているイメージで。
脚はお尻から太ももの後ろをメインに、少し後ろから押されているような感覚で歩くと、

体幹も意識し易くなり、ヒップアップや美脚に繋がるのでお薦めです。

歩く姿勢が良くなると、気分も明るく前向きになるもの。
動いている方も、それを観ている方も魅了的に感じるのではないでしょうか。

歩くということ。
折角動くのなら、どうぞ体幹をしっかり意識しながら、
後ろの太ももとお尻をメインに歩いてみてくださいね!