INFORMATION

お知らせ・ブログ
09 2月 2016

1人でぎっくり腰になった時

こんにちは。Sanitas(Total Health & Beauty Care Salon)旧碑文谷レディースクリニカル(HLC)の片岡です。

ならないにこしたことはないのですが…

万が一、ぎっくり腰になってしまった場合。

人が一緒のときなら、まだ助けを借りれますが
1人の時は、余計に辛いですよね。

痛くて動けない。
歩くのも、寝返りを打つのも辛くなります。

家で、ぎっくり腰になった場合、すぐに横になりたい気持ちもよくわかるのですが

横になる前に、まず枕元に、携帯電話と水。
ビニール袋を用意しましょう。

何故か。

ぎっくり腰になってしまった場合、酷いケースでは、
ほとんどの方が横になった後には動けなくなります!

1人のときは、本当に切ないです。

最悪救急車や、誰かに助けを呼べるために携帯電話は置きましょう。

動けないので、喉が渇いても飲み物すら取りに行かれません。
なので飲み物を。
(この時、お茶やコーヒーですと、
利尿作用で余計にトイレに行きたくなるのでお水にしましょう)

袋は万が一、トイレに行きたくなった時のため。
最悪、袋があれば何とか非常事態は避けられます。
(ベットが水浸しとか、パンツに柔らかくて、温かい物体が生まれるとか…)
↑これ、動けないのに意識はあるので、実は1番辛かったりします。

とはいえ、こうならないのが1番です。

日頃から、疲れを溜め過ぎないように!!
日々のケアが大切です。

最近、ぎっくり腰になる方が多いので、
1人の方は、特にどうぞ気に留めといて下さいね。

施術のご予約はこちらから→  こちらをクリック下さい

もしくはメール hlc8639☆gmail.com (☆を@に変更お願いします。)
にてご連絡下さい。


 03-6412-8639